大会案内

開催概要

名 称:
日本精神分析学会第68回大会
会 期:
2022年10月28日(金)〜10月30日(日)
会 場:
パシフィコ横浜(予定)※開催形式は検討中
会 長:
古賀 靖彦
実行委員長: 中村 留貴子
実行委員会: 関東地区の運営委員と会員有志

シンポジウム

週1回精神分析的精神療法における技法

司 会:
中村 留貴子
古賀 靖彦
シンポジスト:
岩倉 拓
早川 すみ江
鈴木 智美
指定討論:
睫 晶
岡田 暁宜

プログラム

大会オンライン企画:

シンポジウム、各委員会主催の企画、特別講演、総会はハイブリッド形式(オンライン参加者は視聴のみ)で行います。教育研修セミナーは、現地開催のセミナーとオンラインのみで開催のセミナーが行われる予定です。
なお、現地開催が中止になった場合には、オンラインのみの開催となり、一般演題発表、臨床ケースセミナーは行われません。研修症例は可能な限り昨年と同じようなオンライン形式に変更します。また、各教育研修セミナーを可能な限り録画記録し、昨年の特別企画と同じように、後日オンデマンドで配信する予定です。

演題登録

2022年4月1日(金)~2022年5月9日(月)正午

演題登録は終了しました。ご応募いただきありがとうございました。

参加手続

会 員:
8月下旬に送付予定のプログラムに掲載する「大会参加者へのご案内」をご確認ください。
非会員:
ププログラム送付を希望される非会員の方は、2022年8月20日以降、A4かB5サイズの封筒に210円切手を貼付し、送付先・宛名を記載の上、非会員の参加資格を充たす書類を同封して運営事務局まで送付してください。※同封する書類には申込者氏名、所属、メールアドレスを必ず記入してください。

大会(教育研修セミナー、臨床(ケース)セミナーも含む)の参加資格

大会全体がオンライン形式になる可能性があります。オンラインではできる限り事例素材を扱いませんが、ヴィネットなどが含まれていることがあります。大会参加申し込みにあたって、次のことをお約束しお守りいただきたく存じます。

1.感染症の流行状況によっては、すべてがオンライン開催になる可能性があり、その場合、研修症例と一般演題は中止になります。
2.オンラインによる配信を録画しないでください。
3.当日は守秘義務の守れる環境からPCを「一人で」操作できる(PCはRAM8GB以上、Wi-Fi通信速度は100mbps程度以上が望ましい)ように環境整備してください。
4.大会のなかでの情報をメールやSNSなどを用いて流出させないでください。
 
会員(正会員と名誉会員)の方は無条件で参加できます。
 
非会員:下記の参加条件【1】【2】の両方を満たすことが必要です。
【1】 医師、サイコロジスト、ソーシャルワーカー、保健師、看護師、作業療法士、教諭、養護教諭、臨床活動に携わる大学院生など臨床上の守秘義務を持つ専門家であること。
【2】 参加申込の際、以下a,bのどちらかの書類を送付すること。
 
a)  推薦状:特に雛型はありません。
参加希望者の氏名・住所・勤務先・職種などの記載と「臨床活動に携わる守秘義務を持つ専門家である」または「臨床系大学院生である」といった内容を含む推薦状で、会員である推薦者の署名捺印のあるもの。
b)  身分証明できる書類:以下のいずれかが必要です。
「精神保健指定医証」、「医師免許証」、「臨床心理士登録証明証」等のコピー、所属長(理事長・院長・所長等)の発行した勤務証明書
※運転免許証、パスポート、保険証は不可

事前参加登録

準備中

当日参加登録

準備中

託児室のご案内

本大会では、現地開催が可能になった場合、会場内に託児所(費用一部負担、事前予約制、人数制限あり)を設置します。ただし感染状況によっては開所できない可能性があります。決定次第、ホームページでご案内いたします。

宿泊予約

準備中

お問い合わせ先

【日本精神分析学会第68回大会運営事務局】
〒102-0075 東京都千代田区三番町2三番町KSビル
(株)コンベンションリンケージ
TEL : 03-3263-8697   FAX : 03-3263-8693    E-mail : jpa_am@c-linkage.co.jp

このページTopへ